ビル清掃の特徴とやりがいについて

ビル清掃はその名の通り、ビルの掃除を行う業務のことで、建物を全体的に綺麗に保つのが仕事です。
正社員雇用で働く人もいますが、アルバイトで従事する人も存在しますから、割と誰でも始められる仕事だといえるでしょう。
しかし、業務用の清掃機械を使用したり、水を入れたバケツを運ぶこともあるので、それなりの体力が求められます。
また、時には階段を駆け上がりますし、長距離を歩いて移動しますから、足腰の丈夫さも欠かせない要素です。
ビル清掃の仕事は楽か、この疑問については体力があれば楽で、単純作業を好む人にとっては天職というのが答えになります。
多くは室内で作業を行う仕事ですから、天候の影響を受ける心配はなく、例えば雨や風が強い日でも気にせず作業できます。
ただし、窓の外側はゴンドラに乗って作業しますから、この作業に従事する人には無視できないポイントです。
一方、人があまり以内時間に作業をする必要があるので、早朝の早い時間帯に業務を始めるのがネックです。
早起きが苦手な人にとって、ビル清掃はそこが1つ目のハードルですから、朝起きられるか否かが重要です。
この仕事のやりがいは、多くの人が利用する建物を綺麗に保ち、気持ち良く使ってもらえる点に集約されます。
通路や玄関周りなどは掃き掃除を行い、足元から綺麗にすることになります。
窓ガラスの拭き掃除を始めとして、ブラシを使ったトイレ掃除や、通路と階段のモップがけもあります。
床の汚れが蓄積している場合は、定期的にポリッシャーと呼ばれる機械を使い、より強力に磨きをかけます。
ワックスもまた定期的に行う作業の1つで、主に床をコーティングしつつ、汚れの再付着を防ぐのが目的です。
ビル清掃はこのように、作業の範囲が広く内容も様々ですから、極端に専門的ではないとしても、ある程度の専門性が存在します。
作業中は黙々と取り組むことになるので、会話を苦手とする人でも比較的ハードルは低いですし、自分のペースで作業できるので気持ち的に楽です。

About the author