ビル清掃の内容について

企業が入っているビルなどの清掃作業を一手に引き受ける作業をビル清掃と言い、床や給湯室の掃除などだけでなくビルの窓をキレイにするような高所作業もビル清掃には含まれています。オフィス清掃との明確な違いはビルの外部までキレイにしてもらえるという点なので、何十階建てという高いビルの窓を外から拭いている作業員を見かけたら、ビル清掃に従事している方なのだと認識して構わないと言えます。
あまり景気に左右されず、企業ビルがあればあるだけビル清掃の依頼は入ってくることから、オフィスビルの清掃作業員の求人は常に出されていると言っても大げさではありません。少しインターネット検索にかけるだけで、数千件もの求人案件が見つかるというのも、ビル清掃の特徴であると言えるでしょう。ビルの清掃作業など一人で出来るものではありませんので、人員を確保しないとそもそも依頼を受注できないというのも求人数の多さに影響を与えております。
つまり特別な資格を持っていなくても、パートやアルバイトでビル清掃の仕事に従事することは比較的簡単だと言えます。人手不足の現場が多いことから、経験者でなくても採用するような雇い主も少なくないからです。特別掃除が好きだというわけでなくても、手先が不器用であっても現在のビル清掃の現場の人手不足から考えれば、採用してもらえる可能性は高いものとイメージしておいて構いません。肉体労働系の仕事なので給与も最低時給ではなくそれなりに高く設定されている確率も高いです。
清掃を依頼する側としては、ビル清掃を専門的に請け負っている会社や業者は沢山存在しているので選ぶこと自体は簡単ですが、あまりにも大きなビルの場合人手が足りないと中小の業者からは受注を拒否されてしまうこともありますので、ビルの規模に合わせた発注先の線的が大切だと言われています。また深夜や早朝の作業にも対応している会社や業者も多いので、営業時間外に掃除をしてもらいたい場合でも安心です。

About the author