ビルで働く人たちに快適空間を提供するビル清掃の仕事

ビル清掃の仕事は未経験でも始めることができますし、単純作業なので仕事を覚えるのも難しくはありません。掃除機やバケツなど道具を持ちビル内を移動するので、体力はある程度はあった方が良いものの、ハードな運動ではないので適度な運動レベルです。

チームを組んで担当清掃エリアへ向かい、掃除は担当部分を一人で行います。仕事が始まる前には清掃の終了希望時刻を伝えられますが、その時間までに大体終わりますし、時間は余ることもあるくらいです。清掃はシニア層のスタッフが多いものの、逆に若く時間のある学生なども含まれることはあります。

多くの場合はオフィスビル清掃は、会社の始まる前の早朝や終わった後の夜の時間の仕事です。早朝の時間帯のビル清掃であれば、勤務時間は変則的なシフトも珍しくはなく、朝の4時から8時くらいということもあります。変則的だからこそメインで仕事をするのではなく、副業として清掃スタッフに加わるのも良い考えです。中には日中に掃除を依頼されることもありますが、会社は勤務時間中ですので人が大勢いる中での作業です。

たくさんの人間が出入りして仕事をする中での作業なので、念入りな業務の邪魔になるような作用をすることはあまりありません。トイレ掃除やごみ換え、はき掃除など簡単作業がメインになるのが日中の時間です。専属で同じビルを掃除することもありますし、いくつかのビルを回る掃除ということもあります。

オフィスにより掃除の作業は異なるものの、共同スペースに通路や玄関など、掃き掃除は必ず行う掃除です。テーブルや窓ガラスなどの建物内部をキレイに拭き掃除をしますが、ゴンドラ利用の掃除は、ビルクリーニング技能士の資格保持者などが優先して行います。

トイレ清掃は家庭でのトイレ掃除と煮ていますが、便器掃除はしっかりと時間をかけるポイントです。踊り場や通路などの床はもㇷ゚がけをして、バルコニーやトイレタイルあ、電動ブラシのポリッシャーを使い掃除をします。

About the author