2014年12月16日

最新ロボットクリーナーを比較

最近ロボットクリーナーが一般的になりつつあり、色々なメーカーのものが登場しています。そこで各メーカーのロボットクリーナーを比較しました。



◆ルンバ/アイロボット社

2.jpg

ロボットクリーナーで最も有名なメーカーアイロボット社のお掃除ロボがルンバです。

アイロボットはもともとクリーナーを製造する会社ではなく、ロボット全般を製造するアメリカのロボットメーカーです。

オートで、部屋を掃除、自動充電、スケジュール機能に沿って毎日自動に掃除という高機能をもった掃除機ということで爆発的なヒットとなりました。

価格は3万円~7万円程度と比較的高価ですが、信頼性の高い機体とクリーニング力でロボット掃除機の代名詞として売れ続けています。



◆COCOROBO /SHARP

3.jpg

日本製で高機能を売りにしているのがSHARPのCOCOROBOです。

いくつもラインナップはありますが高い価格帯では10万円以上する価格帯のものもあります。

特徴はスマホアプリから操作できたり、音声を選べるなど、「より賢さ」の高いロボットクリーナーです。

 

 

◆LAQULITO/CCP

K0000424326.jpg

初めてロボットクリーナーを試してみたいという人に人気なのがCCP社のLAQULITOです。

CCPはおもちゃや生活家電のメーカーで、生産は中国で行っています。

なんといっても特徴はその安さで、実勢価格では1万円を切るエントリーモデルが用意されています。

長期間使用すると充電電池のヘタリがきてしまうなどといった報告もありますが、初めてロボットクリーナーを試してみたいとお考えの方にはぴったりなロボットクリーナーです。